SHINRYOKU

Maruyama-Senmaida

丸山千枚田(三重県)

18.12.5

三重県熊野市にある丸山千枚田は山合の傾斜に小さな田が幾重にも重なるように並んでおり、その景観は日本の棚田の中でも有数の美しさと言われています。小さな田んぼの数は約1340枚ほどであり、一時は担い手が不足し、減少し続けていましたが、今では地元の保存会や自治体の努力により保全が進んでいるようです。 

今回の撮影時期は12月初旬です。ちょうど三重県熊野市内で開催されている“熊野古道トレイルランニング”に参加するために訪れた際に撮影することができました。一年の中でもこの晩秋から初冬にかけては、早朝の雲海が見やすい時期のようで、運よく出くわすことができました。

丸山千枚田の雲海3

紀伊山脈の山々を遠くに眺めつつ、丸山千枚田を覆う雲海、そして背面には熊野灘から山越しに朝日を望めます。なんとも幻想的な光景を撮影することができました。VRヘッドセットをお持ちの方は世界に入り込んでみてくださいね。

丸山千枚田の雲海_ドローン_朝日

下の写真はトレイルランニングの最中に撮影した写真です。見渡す限り真っ白な雲が広がっていて、思わず足を止めて見入ってしまいました。(実はトレイルランニングを途中棄権して、撮影しようか悩みました。笑)いわゆる熊野古道のある地域は和歌山県、奈良県、三重県にまたがっています。今回は始めて三重県側に訪れたのですが、行く場所場所本当に素晴らしい風景と自然に出会うことができました。トレイルランニングで走った山道も曲がりくねった樹々、苔でびっしりと覆われた大きな岩など、古道の雰囲気を溢れるルートでした。熊野市に代表される三重県側の熊野エリアは他にも見どころが沢山ありそうで、地元の方に案内してもらえそうですので、またこちらでも360度動画を更新していきたいと思います。

丸山千枚田の雲海

SHORT TRIP

JOURNEY